Hi there
It seems you are visiting this website from the United States. Would you like to navigate to the United States' website instead?
フィリップス ヒアリンク補聴器を装用した女性が、鏡に映った自分の姿を見て幸せな気分になる場面

お客様にぴったりのヒアリンク補聴器を探す

フィリップス ヒアリンクの充電式補聴器が挿入されたチャージャープラスが、雑誌、グラス、黄色い植木鉢とともに木製のテーブルの上に置かれている

充電タイプの補聴器

充電タイプの補聴器は、電池交換の手間や費用を節約できるためとても便利です。補聴器を充電器に挿し込むだけで補聴器に内蔵された充電池が充電されます。充電器は、自宅で使用するのに最適な卓上型充電器、および外出先で手軽に充電できる携帯用充電器チャージャープラスの2種類がございます。フィリップス ヒアリンク補聴器は、スタイル名の末尾に 「R」がついている製品は、充電タイプという意味です。フィリップス ヒアリンク補聴器の充電タイプにはミニRITE T RミニBTE T Rの2種類がございます。

フィリップス ヒアリンク補聴器の空気電池タイプが、雑誌、グラス、黄色い植木鉢とともに木製のテーブルの上に置かれている

空気電池タイプの補聴器

空気電池タイプの補聴器は、補聴器に十分な電力を供給するために5~7日ごとに電池を交換する必要があります。電池は補聴器販売店、その他店舗で購入でき、オンラインでも販売されている場合があります。

フィリップスHearLink耳かけ型補聴器を正しく耳に装用した状態の耳のイメージ画像

耳かけ型スタイルの補聴器

耳かけ型スタイル は、耳にかけて装用するタイプの補聴器です。補聴器の本体は、耳の後ろにフィットします。

耳の中に入る部分には2種類があります。まず、スピーカーが耳の後ろの補聴器本体にあり、音はチューブを通して耳の中に届けるタイプ(BTE)。もう一つは、耳の中にレシーバーがあり、直接音を届けるタイプ(RITE)です。

  • Philips HearLink 耳かけ型補聴器 (BTE)

    耳かけ型BTEスタイル

    この耳かけ型スタイルは、高度難聴から高度難聴に対応しています。堅牢で、取り扱いも簡単です。

  • Philips HearLink ライトスタイル補聴器 (RITE)

    耳かけ型RITEスタイル

    このスタイルは、軽度難聴から高度難聴に対応しています。RITEスタイルの補聴器は、小型でほとんど目立ちません。

フィリップスHearLink耳あな型補聴器を正しく耳に装用した状態の耳のイメージ画像

耳あな型スタイル

耳あな型 (ITE)スタイルは、耳の中つまり外耳道に装用するタイプで、一人ひとりの耳の形状に合わせて耳型を採取して作成するオーダーメイド補聴器です。耳あな型には、さまざまなスタイルとオプションがあります。耳あな型の最小サイズでほとんど見えないIIC(invisible-in-the-ear:アイアイシー)、小さく目立たないCIC(completely-in-the-canal:シーアイシー)、標準サイズのITC(in-the-canal:カナル)の3つのスタイルがあり、スタイルによって外耳道へ納まる位置が少しずつ異なります。

  • Philips HearLink 最小サイズの耳あな型補聴器IIC

    耳あな型IICスタイル

    このスタイルは、軽度難聴から中高度難聴向けの補聴器です。補聴器本体が耳の奥にすっぽり収まり、外から見えない補聴器です。

  • Philips HearLink 耳あな型補聴器CIC

    耳あな型CICスタイル

    このスタイルは、軽度難聴から中高度難聴向けの補聴器です。補聴器本体が耳の中に納まり、目立ちにくい補聴器です。

  • Philips HearLink 標準サイズの耳あな型補聴器カナル (ITC)

    耳あな型ITC(カナル)スタイル

    このスタイルは、軽度難聴から高度難聴向けの補聴器です。やや大きめのサイズのため、操作性を高めるためのさまざまなオプション機能を追加できます。

お客様の声

※写真はイメージです

フィリップス ヒアリンク補聴器の製品ポートフォリオには、外耳道内レシーバー型のRITEタイプ 、耳の後ろに装用するBTEタイプ 、耳の中に装用するITEタイプがあります

フィリップス ヒアリンク補聴器の概要について

750x500_consulting_03_rgb

よくある聞こえの用語を理解するためのサポートが必要ですか?

当社の聞こえの用語ガイドには、多くの説明記事があります。これらの記事は難聴および補聴器に関わる専門用語の理解を深めることができるよう執筆されたものです。

A man at a consultation at a hearing care specialist or an audiologist

補聴器取扱店に問い合わせる

Philips HearLink 補聴器をお試しいただけるお近くの
補聴器取扱店をお探しいたします。